インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングは、情報や商品を情報に興味を持ったお客様に見つけてもらうことを目的とした手法です。 インバウンドマーケティングのために必要なものはそのコンテンツと情報を開示して興味を持ってもらうためのツールの二つになります。 コンテンツの初期費用はウェブサイトの制作のためのコーディングやデザインによって数十万程度掛かります。またサイトを作ってからも良質のコンテンツを制作しなければ意味がありません。同時にツールでは十万程度掛かりますが多くはクラウド化しておりSaaS形式のため自前のソフトやハードの購入は必要ありません。 インバウンドマーケティングの維持や運営には月数万程度が相場になっています。これは電話対応を24時間行うかどうかやサイトのコンテンツ追加などで多少費用が変化する場合があり、自前で整える場合や追加する場合もこの限りではありません。 他のマーケティングの手法と比較しインバウンドマーケティングはそこまで高コストではありません。これはITを中心とした手法で人件費の大幅なカットが見込めるためです。

インバウンドマーケティングとは、相手が興味を持ちそうなコンテンツを発信し続けることで、こちらを認識してもらうプル型の営業手法のことです。これに対して従来のアウトバウンドマーケティングは、ダイレクトメールやテレマーケティング、バナー広告などを用いる攻めの営業手法です。 両者の一番の違いは費用で、インバウンドマーケティングはリスティングの予算を大幅に低減することができます。それにより資金に乏しい中小企業やベンチャーでもローコストの営業が可能です。 インバウンドマーケティングの具体的な例はブログです。自社商品に関係する質の高い内容を発信することで興味を誘い、まず問い合わせをしてもらいます。その後メールマガジンやセミナー開催により、継続的な関係性を築いて固定客化を図ります。 なおインバウンドマーケティングは検索などで情報収集の結果にたどり着くケースが多く、相手に認知されるまである程度の期間が必要とされています。それゆえ独自の製品やサービスを提供する企業に向いています。